知覚過敏Q&A

知覚過敏について多くの方が疑問に思っていることなどを「Q&A方式」でまとめていますので参考にしてください。

Q.知覚過敏は歯医者で治療しなくても治るの?

A.1日も早く歯科医で診察、治療をお勧めします。
確かに知覚過敏用歯磨き粉(「シュミテクト」など)などが市販されていますので、それらを使用し症状が軽減、またはなくなるのであれば軽い知覚過敏であった可能性が高く、歯科医での治療もさほど必要ないかもしれません。

しかし「歯がしみる」症状すべてが単なる知覚過敏とは自己判断の限りではありません。虫歯末期の状態、または歯周病など他の歯周疾患を併発している可能性も十分考えられます。歯がしみたり痛むときは早めに歯医者さんに行って診てもらいましょう。義歯はインプラント施術の前に使うケースがあります。仮の歯ですけれども、ルックスも大変大事だと考えます。この歯科医院がキレイにしてくれるでしょう。

また知覚過敏を放置し、歯磨き時に歯がしみる場合、その部分の歯磨きがおろそかになり、結果、悪循環(「歯垢が溜まる⇒歯石になる⇒虫歯、歯周病の原因に」)を招いてしまいますので、例え知覚過敏だとしても、歯医者さんで適切な診断、治療を受けることをお勧めします。


Q.子供でも知覚過敏になるの?

A.老若男女に関係なく知覚過敏になる可能性があります。
年齢、男女に関係なく知覚過敏は起こる症状です。特に子供の場合は「エナメル質・象牙質」がまだ柔らかく、まだ成長途中の歯周組織(歯髄)が外部からの刺激対して抵抗力が弱いため、力任せに歯磨き(ブラッシング)をしていると大人以上に知覚過敏になりやすいのです。保護者は特に注意してあげてください。
ただ年代別にみると、知覚過敏の割合は成人のほうが子供よりも高くなっています。やはり成人のほうがストレスによって歯ぎしりをしたり、長期に渡る間違った歯磨き、歯周病など、知覚過敏の原因となる事柄が多いからだと思われます。

Q.知覚過敏の治療は健康保険が適用されるの?

A.基本的に健康保険等の適応範囲内です。
基本的な知覚過敏の治療は、国民健康保険、社会保険等が使えます。しかし、歯科医院によってレーザー治療など、保険適応外(自由診療)の治療を行っている場合もありますので、治療を始める前に、必ず健康保険が使えるかを確認しておくこと大切です。

ムシ歯を要因とする知覚過敏は、虫歯は意外なほど病状が進行していると察せられ、歯の痛みも依然として変わりませんが、そうでない際は短い機関の病態で収束するでしょう。
睡眠をとっている間は分泌される唾液の量が一際量が少ないので歯を再び石灰化する作用が働かないため、phバランスの悪い口のなかの中性状態をそのままキープすることができません。
例えば差し歯が褪色する主因にあげられることは、つぎ歯自体の色が変色してしまう、歯冠継続歯の周りの歯が色あせてきたという2つの事象があるのです。
審美歯科についての医療は、「悩まされていることはいかなることか」「どういった微笑みを手に入れたいと思っているのか」をきちっと話しあうことを基本にスタートされます。
プラークコントロールという言葉を聞けば、ハミガキを思いだす状況がほとんどではないかと見込んでいますがその他にも様々なプラークコントロールの使用方法が存在するのです。


意外なことに唾液は口腔内のお掃除役とも考えられるほど大切な役割を担っていますが、その唾液の量が減るのですから、口の臭いがひどくなるのは当然のことだと思われます。
診療機材等のハード面は、今の社会から求められている自宅訪問する歯科診療の目的を果たす事が可能なステージには到達していると言っても問題ないと思います。
口の臭いを抑える効き目のあるドリンクにコーヒーがありますが、多く飲みすぎるとなぜか口腔内がカラカラに乾燥し、残念ながら嫌な口臭の要因となる可能性があります。
口内炎ができる遠因はビタミン摂取量の欠乏がそのうちの一つですが、各ビタミン剤は簡単に飲めるサプリメントや薬局でも買える医薬品の飲み薬としても数多く販売されています。
仕事内容に関わらず全ての働く人に対しても当てはまる事ですが例えば歯科衛生士みたいに医療の業界に所属している人は殊に身嗜みに気を配らなくてはいけないとみられています。


まず、歯みがき粉無しでよく歯みがきする方法を熟知してから、仕上げする折にちょっとハミガキ粉を取るときれいにブラッシングできるようになるでしょう。
つい最近になって歯周病の素因を取る事や、大元となる菌に感染したエリアを治療することで、組織の更なる再生が実現できる治療の方法が確立しました。
キシリトールの成分にはムシ歯を予防する役目が確認されたという研究結果の発表がなされ、それからというものは日本を始め世界中で精力的に研究への取り組みが行われました。
永久歯と異なって乳歯は象牙質やエナメル質等の厚さが大体半分くらいしかありません。ことさら歯を再び石灰化する機能も未熟なため、虫歯を起こす菌に容易に溶かされることがわかっています。
PMTCが、一般的なハブラシの歯の掃除では完璧に落とすことのできない色素の定着や、歯石とも異なる不純物、ヤニなどを丁寧に消します。

第一段階の頃は歯周病の原因菌が歯の表面にくっついてしまい、そのせいで歯ぐきに炎症が生じてしまって赤くなって弱ってしまったり、ハブラシで歯磨きすると血が出てしまうような症状が出るのが歯肉炎なのです。
面倒なプラークが溜まってしまわないよう、毎日歯石ケアをきっちり実施することが、極めて肝心なポイントです。歯垢のたまりやすいところは、十分に磨くことがことさら大事になります。
デンタルクリーニングというのは、歯周病を引き起こす菌の活動を拒む確かな処置であると、科学で証明され、なんとなく心地よいというだけではないということです。
歯の噛み合わせの相談の中でも前歯が何度も当たるような場面では、噛む度に強い圧力が、上の顎の骨の前部や鼻骨などに集まってきます。
歯垢が歯の表面に貼りつき、その箇所に唾のなかに内包しているカルシウムなどのミネラル成分が一緒に貼りついて歯石が作られるのですが、それらの発端はプラークです。

診療用の機材などのハード面は、今の高齢化社会から求められている、自宅訪問する歯科診療の目的をこなすことの可能な段階には達しているという事が言えそうです。
眠っている間は唾液を出す量が格段に少ないので、歯の再石灰化の機能が働かず、口中の中性のバランスをそのまま保つことができないといわれています。
在宅での医療で歯科衛生士が求められているのは、まず最初に口のなかを掃除して清潔にすることです。患者さんの口腔内が汚い状態だと、雑菌が増殖している歯のカスを飲み下す危険性があります。
今流行のインプラントとは、歯肉の下にしっかりと存在している顎の骨に、親和性が高く体への負担が少ないチタンで作られた人工歯根を埋め込んで、そこの部分に既製の歯を設置する施術です。
インフォームド・コンセントの推奨は、患者の病状を詳しく捉え、それを解決する治療の方法に、率先して努力するようにしましょうという想いに端を発しています。

インプラントというのは、従来と一緒で、食事をとるときも健康な歯と同様に噛むことができます。その上、別の治療法に比べて、顎の骨が徐々に痩せていくというようなという心配がありません。
上顎と下顎の噛み合わせの異変は、不快な顎関節症の要因の一部ではあるとされるものの、他にも理由がきっとあると捉えられるようになったようです。
歯の表面を少しだけ削って白くする作用をする研磨剤の入った練り歯みがきは、どちらかというとネガティブな働きといえますが、歯がもう一度石灰化するのを助けるということは良い効力です。
歯の色というのはもとからピュアなホワイトであることはないことが多くて、十人十色ですが、九割方の人が持つ歯の色は、イエロー系やブラウンっぽい系統に見えます。
日本は歯の病気予防における残念なことに後進国といわれており、欧米人より、実際は日本人の歯の寿命は短くなっていく一方です。初めから病気の予防全般に対する自覚が異なるのだと思われます。